キングダム KINGDOM

News

2021.06.24

TVアニメ「キングダム」第3シリーズ Blu-ray 上下巻購入特典
原作:原泰久先生描きおろし収納BOXイラスト公開!
また、森田成一、福山潤、釘宮理恵らキャストからのオススメコメントも到着!

TVアニメ「キングダム」Blu-rayBOX 合従軍編
上下巻購入メーカー特典、原作・原 泰久先生描きおろし収納BOXのイラストを公開!



背中合わせでまっすぐに前を見据える信と嬴政。
収納BOXになると、2人が同じ方向を見据える壮大な仕上がりです!

*画像はイメージです。

■上巻:2021年8月27日(金)発売!
■下巻:2021年11月26日(金)発売!

▶商品詳細・メーカー特典、ご予約はコチラ

また、Blu-ray収録のエピソード(上巻収録の1~7話)に
豪華キャスト陣からのオススメコメントも到着!

★本日発売の【週刊ヤングジャンプ30号】にも掲載中!

<1話:迫り来る合従軍>
◆信役:森田成一
何年も何年も制作再開を待ち続けたアニメ『キングダム』第3シリーズ。
貯めに貯め、溜まりに溜まった熱量を一気に爆発させた第一話です!
スタッフ・キャストが一丸となり、噛みつくような荒々しさで作り上げました。
僕のおすすめは倒れた同胞に大声で言葉を送る信の姿です。
息をするのも忘れるくらい大興奮の第一話です!
 
◆嬴政役:福山 潤
迫り来る合従軍の脅威に慄く家臣を鼓舞する、政の「戦うぞ」。
この台詞をいつか言う日が来るかも知れないと、アニメの第2シリーズが終わった後もずっと胸に持って活動してました。
劇中だけでなく、観て頂く「皆」の闘志をも奮い立たせられたのかは皆様に委ねつつ、激動の合従軍編の幕開けです!!
 
<2話:一堂に会す>
◆李牧役:森川智之
私が演じる李牧が取りまとめた列強の六国。まさにその合従軍が動き出すエピソードがこの回です。そして李牧は秦国に攻め入る理由を大いに語ってくれます。彼の知略に満ちた魅力を余すことなくみせてくれるのと同時に、秦国と今シリーズ最大の敵、合従軍という構図をみせてくれます。ファンの皆さんのみならず演じる側も期待が高まるエピソードです。
 
<3話:函谷関攻防戦>
◆昌平君役:諏訪部順一
圧倒的な軍力で侵攻してくる合従軍。昌平君が見出した、天才李牧の知略に抗する一手とは!?招集した秦の全将軍の存在感たるや!彼ら前に起死回生の策を語る場面の緊張感はたまりません。演じていても非常に熱が入りました。
 
<4話:二つの戦場>
◆呉鳳明役:浪川大輔
熱い熱い、いや熱すぎる合戦が繰り広げられています!
常にどこかしらが優勢劣勢の凌ぎを削っている‼︎
そんなマグマのような展開に新たなマグマ!井闌車‼︎圧倒的な存在感!
この井闌車が戦場をどう掻き回すのか!熱い展開がより熱くなってしまいます!お覚悟を‼
 
<5話:若き将の台頭>
◆桓騎役:伊藤健太郎
第3シリーズ放送と本誌連載に毎週「歓喜」の声をあげております「桓騎」役、伊藤健太郎です!函谷関は桓騎軍の見せ場が色々あって楽しい現場でした!アフレコでは合戦のガヤ収録が必須ですが、桓騎軍のガヤは他の隊より大分ガラが悪いです(笑)聞き比べてみて下さい(笑)収録スタジオは「換気」もバッチリ!これからも桓騎軍を夜露死苦!
 
<6話:互いの自負>
◆騰役:加藤亮夫
「王騎亡き後、騰はどんな戦いをするのか!テーマSEファルファル音と共に登場!
臨武君の重ーい棍棒を避けつつカスリつつ余裕の勝利。
そして決め台詞「あの世で同金・鱗坊・録鳴未と酒でも飲むがいい」って近くに録鳴未さんいますよ!どんな種類のギャグですかー!マジ笑えました。
 
◆項翼役:鈴木達央
アフレコでは周りの皆さまに負けぬよう気合を入れて収録していたのですが、俺が喋る度に誰かが笑い「気持ちのいいくらいに叫ぶねぇ」と言われていたのがいい思い出です。
一つ一つの台詞に戦場に立つ意味と覚悟を持って収録させていただきましたので、是非改めて感じてもらえると嬉しいです。
 
◆白麗役:上村祐翔
誰にも負けない闘志を持ちつつも、弓で戦う様がとても美しい白麗。凛とした雰囲気を出せるように意識しました。気がつくと背筋をピンとしてマイク前に立っている自分がいましたね。項翼役の鈴木達央さんをはじめ、先輩方とご一緒できた緊張感あるアフレコ現場……最高に熱い時間でした!!
 
 <7話:穴だらけの荒野>
◆信役:森田成一
趙の将軍・万極との一騎打ち。単なる力の戦いではなく、過去の陰惨たる出来事に端を発する怨恨が中心の戦い。信や政の夢、その行動原理に直結する一話で、心震える収録でした。
この収録で、「信はこれから、こうした様々なものを抱えながらの戦いになるのだな」と、今までに感じた事のなかった新たな感情が生まれました。
 
◆河了貂役:釘宮理恵
河了貂が珍しく感情的に自身の考えを述べるシーンは、演じていてぐっとくるものがありました。軍師として常に厳しい判断を迫られる事の連続で、それでも人として最低限守るべき一線を主張する河了貂に対して、信がどっしりと構えていてくれたのが印象的です。
万極の怨念の恐ろしさは今振り返っても鳥肌が立つほどです。
 
◆万極役:武藤正史
記憶が正しければ今シーズンから台詞にあった吃音が活かされているはずです。台詞の尺合わせに苦労しました。パンデミック前で大人数でスタジオに入っていましたので、自分のキャラクターは周りと質が違うなと思いながら演じていました。
彼も巻き込まれた負の連鎖を主人公がいかに断ち切るか楽しみにしています。

上へ

『キングダム』原作者 原泰久

アニメ『キングダム』第3シリーズの放送が決定しました!
実に5年半ぶりとなる今回の新シリーズでは、
制作陣のスタッフィングから僕も携わらせてもらい、
まったく新しいチームでの始動となりました!!
現在、絶賛制作進行中ですが、脚本、作画、音楽、どれを取って
も皆さんの期待に応えられるアニメーションになると思います。
描かれる物語は、ついに合従軍編!
人気キャラクターが勢ぞろいするこの長編シリーズが
どんな迫力の映像に仕上がるのか、
僕自身、放送開始が楽しみです!

キングダム KINGDOM

閉じる