キングダム KINGDOM

Story

紀元前、中国西方の秦国しんこく
今は亡き親友と夢見た
「天下の大将軍」を目指す下僕の少年・しんは、
王都で起きたクーデターに巻き込まれ、
秦王・嬴政えいせいと運命的な出会いを果たす。

時は流れ、戦場に身を置く信は、
同世代の将である蒙恬もうてん王賁おうほんらと切磋琢磨しながら
武功を重ねて着実に出世を果たし、
これまで年若いことを理由に補佐役の
相国・呂不韋りょふいに国の実権を握られていた嬴政も、
その類稀なる才覚によって、
弟・成蟜せいきょうらかつて対立していた者たちをも
味方につけ確実に宮廷内での影響力を強めていた。

そんな中起きた函谷関かんこくかん攻防戦。

趙国ちょうこくの天才軍師・李牧りぼく楚国そこく
宰相・春申君しゅんしんくんの働きかけにより
列強五か国が参加することになった合従軍に
攻め込まれた秦国は、
亡国の危機に国家一丸となって立ち向かいこれを打ち破る。
この戦いで嬴政は、自らの才を証明してみせ、
まもなく行われる成人の儀式「加冠の儀かかん の ぎ」において、
国内外に向け自らが「第31代秦王」であることを宣言し、
国の実権を取り戻すことを誓う。

だが、中華全土を巻き込んだ戦いは、攻め込まれた秦国も、
合従軍に参加した国々にも大きな爪痕を残した。
秦国では、混乱に乗じた内乱を目論む者が現れる。
さらには呂不韋が自身の野望達成のための
最終段階へと動き出す。

国家存亡の危機を乗り越えた秦国に、
新たな波乱の兆しが見え始めていた―。

列強五か国が参加した合従軍との戦いに勝利し、その後の復興が進む秦国しんこく
国家最大の危機となった合従軍戦で、
自身の類稀なき才覚を見せつけた秦王・嬴政えいせいの宮廷内での存在感は増し、
相国・呂不韋との国の実権をかけた争いはますます激化していた。

嬴政は、弟・成蟜せいきょうの陣営を最大勢力として呂不韋陣営に対抗していたが、
そんな中、成蟜の第一夫人・瑠衣るいが帰省中の故郷・屯留とんりゅう趙軍ちょうぐんが侵攻。趙軍制圧と妻の救出のため、成蟜が自ら軍を率いて屯留へと向かう。ところが、その後王都・咸陽かんように届いたのは「成蟜が反乱を起こした。」という報せだった!

謀略の気配も漂う中、嬴政は成蟜の真意を確かめ反乱を鎮圧するため、しん率いる飛信隊ひしんたいを屯留へと向かわせる。

果たして反乱の真相とは!?

合従軍戦後、新たな要所となった著蕹ちょようを巡り、秦国しんこく魏国ぎこくと激しい攻防戦を繰り広げていた。
総大将・とうに召集された信の飛信隊ひしんたい王賁おうほん玉鳳隊ぎょくほうたいだが、秦軍しんぐんは、優れた軍略家である魏軍ぎぐん総大将・呉鳳明ごほうめいに苦しめられることになる。

状況打破のため、秦軍は王賁が提案した玉鳳隊、飛信隊、騰配下の録嗚未ろくおみ軍による「三軍同時魏軍本陣突入」の作戦を決行。三軍が魏軍本陣を目指し突き進むも、飛信隊、玉鳳隊の前には、かつて戦場にその名を轟かせた豪傑たち
魏火龍七師ぎかりゅうしちし」が立ちはだかる!

各国が注目する中、秦軍は、傑物・呉鳳明率いる魏軍に勝利し、著蕹攻略を果たすことができるのか!?

上へ

『キングダム』原作者 原泰久

今年も4月からTVアニメ「キングダム」新シリーズが始まります!
敵国五か国の連合軍との戦いであった第3シリーズ「合従軍編」から一転、 今シリーズでは秦国内の権力争いにともなう戦いが色濃く描かれます。 王弟・成蟜の戦いを経て、嬴政は国内最大の障壁である呂不韋といよいよ対峙する時です。 キングダムの前半期のピークを迎えます。著雍攻略戦での信達の活躍にも注目です。
内容盛りだくさんの新シリーズもどうぞ宜しくお願い致します。

キングダム KINGDOM

閉じる